仕事上でのSNSは、最善の注意を払って利用するようにしましょう。

仕事でSNSを使う時に気をつけたいこと

最低限のマナーはしっかりと守りましょう

プライベートや私的発言が気をつけること

プライベートと仕事。
せっかく使い分けたのにごちゃごちゃになっていませんか?

そういう人はSNS上のマイルールを作るといいですよ。
例えば
仕事SNSでは
・仕事のときにしか開かない
・最低限の発言しかしない
・アイコンなどもこだわらない
プライベートSNS
・休日や家でしか開かない
・自分の家族やプライベートの思ったことを気軽に発言する
・仕事の話は一切しない

などと、自分の分かり易い範囲でマイルールを作ることで使い分けた良さがわかってくると思います。
また、自分の中での気持ちの切り替えにもなると思います。

仕事SNSではつい私的発言をしまいがちです。
自分で投稿や発信する前にチェックすることも重要です。
それでも心配だなと思う方は、先ほど述べたマイルールに投稿に仕方を変えるようにするのも1つの手です。
例えば仕事SNSは「敬語」、プライベートSNSは「タメ語」などといった、口調の変化をつけるなど。
または方言を使うなど。

業務内容に触れる投稿は控えよう

これは社会人として、社員として最低限のマナーだと思います。
一番は会社の中でガイドラインやルールがある場合はしっかりと読み、それに従うのがいいです。

今は情報社会です。
また情報の広まる速さは尋常じゃないくらいのスピードで広まります。
それを常に頭に入れておきましょう。
業務内容や取引先の会社のことなどを漏れてしまっては、今まで仕事してきた時間が水の泡になりかねません。
十分に気をつけましょう。
内容とともに不適切な発言にも気をつけましょう。
会社の評判が下がるだけです。
顧客の信用にかかわる個人情報に関わる発言や投稿は絶対にやめましょう。
なりすましなどにより、会社とは関係ない第3者によりイメージダウンをされる場合もあります。
アカウント管理は徹底しましょう。
または、そのSNS会社の公式アカウントを取得するようにしましょう。

自分たちの会社を守るためにも最低限の配慮とチェックは怠ることのないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る